LectureMAKER Mini動画とPowerPointスライドを簡単に同期化しよう!


4-3. 基本メニューを覚える

リボン メニューは使う対象により変化するいろんなタブの形式で形成されています。 またそれぞれのタブはグループ、アイコン順序で構成されており、表もしくは絵、チャートにしたがって必要なタブが追加で表示されます。

  1. 【ホーム】:【標準】ツールバーと【書式】ツールバーに該当するメニューなどがあります。 字のフォントや大きさ、色、配列などを指定でき、新しいスライドと文字ボックス、図形も挿入できます。
  2. 【挿入】:図、動画ファイル、音声ファイル、Flashファイル、文書ファイルなどをスライドに挿入することが出来、録画、録音を通して直接ファイルを生成することもできます。
  3. 【コントロール】:スライドに挿入された動画オブジェクトはコントロールを通してより専門的な効果を出すことができます。 オブジェクトの間を制御する一時停止、スライド自動移動時使用されるスライド分岐などがあります。
  4. 【デザイン】:スライドに対する画面大きさ設定、スライド属性設定、スライド デザイン、スライド レイアウト、テンプレートなどを設定できます。
  5. 【表示】:完成されたスライドを様々な形態で実行できます。 スライド画面とマスタースライドの表示や、スライドに対してルーラーを設定することができます。
  6. 【テキスト】-【書式】:普段は表示されませんがテキストボックスをダブルクリックする際に現れるタブです。テキストボックス属性、配置、アニメーション効果、ハイパーリンクなどを設定できます。
  7. 【画像】-【書式】:普段は表示されませんが、画像を挿入を利用して画像を挿入する際に現れるタブです. 原本の絵の明るさと大きさを修正することが出来、スタイル、配置などを指定することができます。
  8. 【動画】-【書式】:普段は表示されませんが動画ファイルを挿入したり、動画録画後や挿入する際に現れるタブです。 こちらでは動画同期化設定と動画再生方法などを設定できます。
  9. 【音声】-【書式】:普段は表示されませんが、音声ファイルを挿入したり、録音後、挿入時に現れます。 こちらでは音声再生方法などを指定することができます。
  10. 【描く】-【書式】:普段は表示されませんが、図形挿入後、図形をダブルクリックすると表示されます。
このページを印刷 このページを印刷
Get Adobe Flash player