LectureMAKER Mini動画とPowerPointスライドを簡単に同期化しよう!


4-4. 作業に必要な編集環境設定

リボンメニューは便利に分離されたタブと、共通メニューは一つに組み込んで表示するので作業スピートを上げることができます。

  • 1. ショートカットキー設定

    LectureMAKERボタンとなりに、ショートカットキーで命令アイコンを設定すればより便利に編集することができます。
    [LectureMAKERボタン]をクリックしたあと、【オプション】ボタンをクリックします。

    1. 選択メニューバーが表示したら【使用者指定】タグで必要なメニューを選択します。
    2. 追加】ボタンをクリックした後、【確認】ボタンをクリックします。
    3. 実行ツールバーに選択されたコマンドが追加されます。
  • 2. LectureMAKERボタンの隣に【メニューのカスタマイズ】( )を選択してツールバー設定を確認します。

    1. メニューのカスタマイズ:【選択】ウィンドウが表示され使用者指定を通して速い実行ツールバーに選択されたコマンドが追加されます。
    2. メニューのカスタマイズ元に戻す:ショートカットキー設定が初期化されます。
    3. リボンメニュー下にメニューのカスタマイズ表示:速い実行ツールバー位置がリボンメニューの下に移動します。下のリボンメニューを元に戻そうとすれば、上の早い実行ツール質問表記を選択します。
    4. リボンメニュー最小化:リボンメニューを隠すことができます。
  • 3. ルーラー

    1. 【表示】→ 【ルーラー】をクリックしてチェックすると、ルーラーが表示されます。
    2. ルーラーを解除しようとすると改め【表示】→ 【ルーラー】を選択して解除します。
  • 4. ルーラー及び案内線

    1. 【表示】→ 【ルーラー及びグリッド】をクリックするとルーラーあるいはルーラーガイドウィンドウが表示されます。

    2. 画面にルーラーを表示するとチェックして【確認】をクリックするとスライドにルーラーが表示されます。
  • [!] 参考
    – LectureMAKERはピクセル単位を使用します。

    – ルーラーの間隔を調整後、【基本値設定】をクリックすると新しいスライドが開始されるたびに設定されたルーラー値が表示されます。

    このページを印刷 このページを印刷
    Get Adobe Flash player